東京で有名な植毛クリニック|解決するための料金比較

自毛植毛のコスト面におけるメリット

人工の毛髪を植毛するよりも、自分の髪の毛を植毛する方が低コストで済むと言われています。

 

というのも、自分の髪の毛を植毛するだけなので人工毛髪を新たに用意する必要がないからです。

 

人工毛髪は1本あたりの料金が発生するのが一般的で、植毛範囲が広くなるとどうしても費用が大きくなってしまいます。

 

しかし、自毛植毛なら改めて人工毛髪を購入する必要がない為、この部分でのコストがかからなくなるのです。

 

しかしながら、手術費用は人工毛髪の植毛よりも高額になってしまうケースが少なくありません。

 

手術費用だけを比較すると人工毛髪と自毛では人工毛髪の方が低コストで済むと言えますが、メンテナンス費用を考慮すると、やはり自毛植毛の方がコスト面の魅力は大きいと言えるでしょう。

 

人工毛髪を植毛した場合は、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

 

メンテナンス費用は一回あたり数万円になってしまうケースも少なくなく、植毛にかかる費用の総額が大きくなる傾向が強いです。

 

植毛する際は手術後のメンテナンスまで考慮し、総額が安く済む方法を選んだ方が無難です。

 

植毛は全額自己負担になる為、総額が100万円を超えてしまうケースも多いと言われています。

 

できるだけ低コストで髪を増やす為には、しっかりと費用を調べて比較することが大切です。

 

植毛手術クリニック比較ランキング@自毛植毛の値段と費用

植毛で一番大切なのは信頼できる医療機関を選ぶことです。

 

植毛には2種類の施術法あります。

 

一つは頭皮に自分の毛髪を植え込む自毛植毛、もう一つは合成繊維で作られた人工毛を植え込む人工毛植毛です。

 

どちらも外科手術により行う医療行為なので、医療機関でする必要があります。

 

増毛と区別しにくいですが、増毛は自毛に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートで人工毛を頭皮に貼り付けるなどして、髪のボリュームアップをはかる技術です。

 

すぐにボリュームアップができ、植毛と違い外科手術は必要ないのがメリットです。

 

植毛の最大のメリットはその自然さです。特に自分の毛髪を移植する自毛植毛は、一旦生着してしまえばその後のメンテナンスは不要です。

 

抜けてもまた生えてきて、再び禿げてしまう心配もありません。

 

他の毛髪と同じように白髪に変化するので、悪目立ちすることも避けられます。

 

自分の毛髪が伸びると結び直し等が必要となる増毛より、煩わしさが無いのは嬉しいですよね。

 

ただし生着までには時間がかかります。

 

また、一度に移植できる数に限りがあるので、数回の手術が必要になる場合があります。

 

メリット・デメリットそれぞれある植毛ですが、何より大切なのは腕が確かな医療機関にかかることです。

 

事前のチェックに抜かりがないように調べ上げましょう。

主人の植毛嫌いについて

 

結婚して5年がたちますが、主人も私も30代半ばになりました。

 

気のせいか結婚した当時より、いやもっとさかのぼって付き合っているころに比べて主人の髪の毛がうっすら少なくなったような気もします。

 

もちろん髪型の影響やカットしたタイミングにもよりますが、何となくそんな気もします。

 

ちなみに主人の父親も祖父もハゲ体質です。

 

若いころはフサフサでも、年をとれば父親も祖父もだんだん髪がうすくなる、といった家系です。

 

そのため主人もおそらくゆくゆくは自分もハゲるだろう、と言っていますが、あまりにも早い年齢でハゲのはちょっと抵抗があります。

 

ちなみに主人の性格は、男らしいというかさっぱりしているというか、ハゲたら植毛はしない、白髪になっても染めない、といった風です。

 

しかし我が家にはまだ4歳と1歳の娘がいます。

 

主人も娘2人をとてもかわいがっていますが、せめて娘たちが小さい時はかっこいい父親でいてほしいと思います。

 

そのために私自身は必要なら植毛もアリかと思っていますが、主人自身は植毛に抵抗があるようです。

 

そこまでしなくてもいい、と思うようですが、娘たちのためにも内外ともにかっこいい父親でいてほしいとひそかに思っている私です。